hacodeco 広島のリノベーションは「箱デコ」

リノベーションで超家事ラク動線をつくる~洗濯編~【中区IM様邸】

2020年09月24日

築17年のマンションリノベーション、現場レポートです。

今回のポイントのひとつが、3人のお子様を育てながらフルタイムで働くIM様のための『家事ラク』動線。

とにかく無駄なく効率的に行えるコンパクトでストレスフリーな動線をご希望されていました。

洗濯は「洗い終わったら取り出してバルコニーまで運んで干して取り込んで、リビングで畳んだらクローゼットに片付ける」という一連の動作がマンションでも戸建でも一般的かと思いますが、それぞれの動作を別々の場所で行わなければならず、気付けば『洗濯』という家事だけで家中を歩き回っていることになります。

IM様は洗濯物は室内干し派ということで外に出る必要がなかったため、洗濯機➡物干しスペース➡クローゼットを続き間でプランしました。

【解体前】

写真左にお風呂、奥が洗濯機置場、右手に洗面と収納が。隣に洋室がありました。

もちろん室内干しはできず、収納はありますが洗濯機を置くと思ったより使い辛そうでした。

【解体後】

洋室から洗面室を撮影。奥にお風呂が見えます。

床に区切りがあるところに洋室との壁がありました。写真左の開口(洋室の入口)は壁になります。

【大工工事中】

新しいお風呂を据え付けて、大工工事で新たに壁を造っていきます。

写真右側には奥から洗面、生活用品や消耗品を収納できる扉付きのパントリーを設け、左側には洗濯機、ハンガーパイプを付きの家族分のクローゼットを設けました。スタッフが立っているのは物干しスペースとなるところ。

ご覧のように洗濯物を運ぶ➡干す・乾かす➡畳む・片付けるがこのスペースの中で完結できるようになります。

さらにお風呂上がりの着替えも出しやすく、朝の身支度もここで完結できるというメリットも。

▲窓があるところが物干しスペース。ここに引戸を付けて乾きやすい環境も整えます

▲扉付きのパントリー

今回はIM様の使い勝手の良さで考えた配置ですが、みなさまはどんな収納が使いやすいですか?

IM様邸のこれまでのリノベーション工事の様子を見る